北海道の住宅ローン

    ぜひご連絡ください

    営業日1日以内に返信します

    1. Home
    2. 北海道の住宅ローン

    北海道の住宅ローン

    家を購入しようとしているあなた、住宅ローンはもう組みましたか?当サイトの保有するデータベースには、銀行員、貸付者、ブローカーなどの不動産を購入する際に必要になってくるつながりも含まれています。

    不動産を現金、一括で買うのならば一般的な不動産業者に依頼すればいいのですが、住宅ローンを組んで購入する場合、手順は増えてしまいます。

    札幌を基点としたサービスとして、当サイトは何百もの不動産業者とつながっており、ローンの申請が通るかどうかを見極めてくれる貸付者とも繋がりを持っているので、無料でお客さまに紹介することができます。

    北海道の住宅ローンについての調査

    当サイトはお客さまにローンを決める最善の選択肢を提供するために、100件以上の金融機関に問い合わせて、調査を行いました。当企業のコンサルタントは北海道にある何件もの銀行、貸付者、ブローカーに詳しい話を聞き、ローンについてのデータをまとめました。そして、日本の現住民ではない方がローンを組めるかどうかについてもまとめました。

    結論から言いますと:

    日本国籍を持っていなくてもローンを組むことはできます。

    お客さまにご紹介できる貸付者は何名もいます。お話を聞かせていただくだけでもいいので、お問い合わせください。

    住宅ローンを申請する条件

    外国在住の方が住宅ローンを組めるかどうかの判断材料はいくつかあります。これらのうち主だったものが:物件の場所、借主の居場所、借主のビザ状況、借主の勤務状況などです。

    これらをはじめとしたいくつかの条件によって、ローンを組んでくれる銀行が変わってきます。銀行によって条件が違うので、簡単に自分が当てはまる銀行があるかどうかを知るためにも、まずはお問い合わせください。面倒なリサーチは私たちが代わりにしておきました。

    貸付者の紹介

    当サイトが行なった調査を基に、事前審査を行なった住宅ローンを組むための銀行や貸付者をデータベースに含みました。

    お客さまの目的、基本情報、状況などをご相談の上、マッチする貸付者との個人対個人の紹介をします。

    北海道で住宅ローンを組む条件:ビザ状況

    最初に上がる問題がビザ状況です。現日本住民なら大丈夫なのですが、ビザ状況によっては住宅ローンを組むのは難しくなります。様々なビザがある中で、その種類によって申請できるローンが変わってきます。(移民弁護士の紹介も承っています。)

    一時的な来訪者として日本にいるならば、ローンを組めるアテは少ないです。例えば、学生ビザなどではお金を借りること自体できません。逆に、就業ビザなどの長期的なもので、就職している企業が認定されているものでしたら、住宅ローンは簡単に組めます。

    このように、ビザの種類によって住宅ローンの組みやすさと選択肢が変わってくるので、注意しなければいけません。

    家を買うためにローンを組みましょう

    日本の現住民でない方がローンを組むには手間がかかりますが、可能ではあります。そして、当サイトはその手間を減らすために、全力でサポートするためのサービスを提供しています。

    当サイトは個人対個人の紹介を通し、北海道の不動産の専門家をお客さまとつなぐことによって、スムーズに家を買えるようにします。また、当サイトは不動産業者だけでなく住宅ローンを提供している銀行や貸付者ともつながっているので、どんな問題が起きても対応できる人脈を提供できます。

    不動産に関することならなんでもご相談ください

    当サイトは1500人を超える不動産業者、弁護士、司法書士、税理士、ローン業者、そしてその他の専門家を含む北海道で一番を誇るデータベースを保有しています。

    完全無料で最適化された紹介をもらうために、まずはお問い合わせください。

    紹介をもらうには

    1. お問い合わせ または以下の電話番号におかけください:

    電話番号

    • (+81) 50-3311-1033
    • (+1) 833-603-1800

    関連ページ:

    仕組み
    北海道で家を買うには
    北海道の不動産業者を見つける
    外国人として不動産を買うには

    Find Hokkaido Agentsは北海道札幌を拠点とした世界中のお客様に対応している会社です。

    当サイトは利便性とセキュリティ向上のため、cookieを使用します。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。