1. Home
  2. 北海道
  3. 北海道で不動産業者を見つける

北海道で不動産業者を見つける

北海道で家を買う際、相当重要になる手順が不動産業者選びです。自分が求めている理想の物件になるべく近いものを予算内に見つけてくれる不動産業者がいなければ、購入までの道のりは長くなります。

ここで、本ページでは信用できる不動産業者の見つけ方を説明します。不動産業者の見つけ方、料金の仕組み、そして協力してどのような作業をするかを理解できるようなガイドになっています。

不動産業者と話す前

不動産業者を探すとき、時間とタイミングを考慮する必要があります。

まず、不動産業者の視点で考えたとき、業者側も時間をどこに割くかを見極めなければいけません。不動産業者は手数料で利益を作っているので、不動産が売れるまでの時間をなるべく短くすることが望ましいのです。これを踏まえた上で、不動産業者と良好な関係を築くためにできることがいくつかあります。

一つ目が家を買うまでのタイムラインを作ることです。不動産業者に問い合わせても、いつまでに買う予定か・30−90日以内という現実的な期間で手続きを終えられるほどの整理と意欲があるか・予算の確定、頭金の用意はできているかなどの情報をまとめないうちには、物件を探すことはできません。

顧客との取引は時間がかかるものです。問い合わせる前にできるだけの準備をすることにより、購入という目標が近づくだけではなく不動産業者と関係も良好なものになります。

不動産業者を探す前に、最低でもこれらは決めておきましょう:

  1. 家を買いたい地域
  2. 予算
  3. 物件を買うまでのタイムライン

地域の不動産業者である重要性

同じ「不動産業者」でも、地域に詳しい、土地勘のある不動産業者とない業者では家を比較する要素の数が大きく違ってきます。また、土地勘がなければわからない物件の長所・短所なども多数存在するので、地域の不動産業者であることに損はありません。

家を買いたい地域を決めて、その地域を得意とする経験豊富な不動産業者を見つけることができたら、物件探しは一層実りのあるものとなります。地域の不動産業者と言っても、その地域での物件の相場、不動産のトレンド、一住宅街と一住宅街の比較などができるレベルにいる業者が望ましいです。

Find Hokkaido Agentsは数百の審査済みの不動産業者とのつながりを持っています。北海道内の市だけではなく、区や地域ごとの不動産業者を紹介することも可能です。まずはお問い合わせください。

売り手の不動産業者と取引をしない(両手取引)

買い手が興味のある物件を見つけたとき、売り手の不動産業者に連絡することがよく見受けられます。連絡した仲介業者は高い確率で取引を持ちかけてくるでしょう。確かに、日本では現在売り手と買い手が同じ業者を通して取引を行う両手取引が多く見られますが、基本的には売り手の不動産業者とは別に自分側(買い手側)にも業者を持つことが薦められます。もし気に入った物件があっても、買い手側の業者には別の自分で話を通してある業者がいると説明して、自分の情報を極力明かさないことが取引においては有利に働きます。

商売の観点から考えて、一不動産仲介業者が両側(買い手側と売り手側)のどちらにも好条件を整えることは不可能です。売り手は第一に物件を売るという目的がある反面、買い手は自分の条件にあった物件のいくつかからか最終的に選びます。自分側に不動産業者を付けることにより、自分の要望と完全には一致しない物件を売りつけられることがなくなります。

不動産業者を雇うことにより、より客観的に購入価格を評価することができ、選択肢を見極める力を得ます。不動産業者の経験と力を借りれば理想的ではない購入をして損をするということがなくなります。

複数の不動産業者と会ってみる

住みたい地域、タイムライン、予算を決めたら、不動産業者を探す作業が始められます。

不動産業者を選ぶ際に気を付ける点は三つあります:

  1. 求めている物件の種類における経験
  2. 労働倫理
  3. 話しやすさ、雰囲気

不動産業者と面会をする際、地域で働き始めてどのぐらいの期間・買いたい家の種類を取り扱ったことがあるか・近い予算帯の取引を最近行なったかなどの質問をすると良いでしょう。また、その業者のお客さまへの態度も観察しましょう。自分で、話しやすいか・明確に選択肢を与えてくれるか・質問に対してしっかり答えるか・安心できるコミュニケーションが取れるか・誠意を持って取引をしてくれるかなどを考えながら業者を評価すると、複数の業者を比べるときに選びやすくなります。この時に他の不動産に関する一般的な質問をしてもいいかもしれません。

不動産業者選びをしっかり行うことによって、それ以降の手順もスムーズに進めることができ、有意義なお家探しができます。

不動産業者と相談をする

考え抜いてしっかり不動産業者を選んだあと、理想的な物件が見つけられるように業者と良好な関係を保ち、最大限協力して物件を探しましょう。  

不動産業者との相談で初期段階で聞かれる質問は主に:家に何を求めるか・何年住むつもりか・不動産の使い方です。お求めの物件の細かい条件(部屋数、キッチンの広さ、庭の有無、駐車場の有無、景色、日当たり、最寄駅までの距離)を決めた後、それをもとに物件探しが始まります。

これらの情報で業者はa href=”https://findhokkaidoagents.com/ja/hokkaido-japan-ja/reins-is-the-mls-service-for-japan”>REINSデータベースで検索をかけ、物件の候補を見つけていきます。日本で売りに出されている不動産のほとんどはREINSに掲載されていて、認可された不動産会社しかアクセス権を持っていません。検索をかけて見つけた物件の写真、住所、条件を確認して、そこで最後に残ったもので、内覧をしたい物件をいくつか選びます。

ここまでの相談で、不動産の市場や相場を聞いて、それも判断材料にすることが理想的です。

不動産業者の料金

一つの物件の購入が成立するまでに、基本的には売り手側、買い手側に一人ずつで2名の不動産仲介業者が関わります。買い手側は買い手側の業者に3%、売り手側は売り手側で3%の手数料が料金として支払われます。

その3%で不動産業者は複数物件を提示してくれ、より安い値段を交渉してくれ、長期的に見て間違いがないよう助けてくれます。売り手側は絶対に不動産業者を通している上、REINSへのアクセスが必須なので、買い手として業者をつけないということは非常に考えにくい状況です。

管理会社や個人から敷金礼金〇円物件などがあります。このような物件は全体の値段からそれらがなくなっただけで、元の価格が高かったりするので、気をつけなければいけません。

不動産業者に支払う料金は3%と政府より上限が決められていますが、交渉によってその割合を下げることができる場合もあります。どちらにせよ業者と料金に関しては同意をしてから取引を開始することが必須です。

連絡と協力

不動産業者を決めた後、その業者との連絡を開始します。

連絡を取る際、毎度:追加情報をいつまでにもらうか、手順を進めるために自分から必要な情報は何か、必要費用の内訳、物件の詳細をいつ知ることができるか、内覧にいく物件の数、移動方法、連絡方法などの細かいところまで相談して決めておくことにより、スムーズな取引を行うことができます。協力していく間に会話を欠かさないことにより、良好な関係を保ちお互いに最大の利益が生まれるような取引をすることが可能になります。

家を買う時に選べる物件を大きく左右する重要な要素が選ぶ不動産業者です。本ページのことに気をつけながら探すことにより、明確な条件のもと不動産業者を選び、最終的に理想的な物件に辿り着ける可能性を大幅に上げることができます。

私たちは不動産会社のためではなく、お客様のためのサービスです。事前審査を通過した不動産業者を紹介して、物件の賃貸や売買をお手伝いします。Find Hokkaido Agentsが保持する固有のデータベースを用い、お客様の必要に応じた、予定の合う業者を紹介します。

地域発信だから安心、信用のある、そして100%無料なサービスを提供しています。

不動産に関することならなんでもご相談ください

当サイトは1500人を超える不動産業者、弁護士、司法書士、税理士、ローン業者、そしてその他の専門家を含む北海道で一番を誇るデータベースを保有しています。

完全無料で最適化された紹介をもらうために、まずはお問い合わせください。

紹介をもらうには

  1. お問い合わせ または以下の電話番号におかけください:

電話番号

  • (+81) 50-3311-1033
  • (+1) 833-603-1800

関連ページ:

仕組み
北海道で家を買う

Find Hokkaido Agentsは北海道札幌を拠点とした世界中のお客様に対応している会社です。

当サイトは利便性とセキュリティ向上のため、cookieを使用します。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。